1. TOP
  2. 子持ちで転職に成功【体験談】
  3. 子持ちの転職で成功するポイントは?成功したママからのアドバイスに「なるほど!」

子持ちの転職で成功するポイントは?成功したママからのアドバイスに「なるほど!」

転職するのが難しいと言われている子持ちの女性。

ですが、ワーキングママの中には、見事に転職を成功させ以前より良い条件で新しい仕事に就いているという方もおられます。

できることならより良い条件で働きたいですし、成功する人としない人では一体どこに差があるのか?気になりますよね。

そこで今回は、体験談をもとに面接で有利になるポイントをご紹介しますので、是非ご欄になってみてくださいね!

子持ちの転職で成功するポイントは?

39歳になる1児の母、子供は1歳です。

現在も正規フルタイム勤務しておりますが、仕事に復帰したものの通勤が長く時間のロスが大きいため数年以内にに自宅周辺での転職を検討をしています。

そこでご質問なのですが、子持ちだと子供の用事で休まなければならなかったり、保育事情が選考時にとても不利になりますよね。

そんな不利な状況でマイナスポイントをカバーし、見事再就職に成功されている方はどのようなアピールや努力をされてきたのでしょうか。

私はやや技術職よりの一般事務ですが、ブランクなしでの転職が可能なら保育園は確保できます。

また、夫の両親が近くに住んでいて理解と協力の申し出もいただいております。

年齢的に再就職が厳しいことは承知しておりますが、子持ちの転職で成功するポイントなどご存知の方がおられましたらご助言いただけませんでしょうか?

A:聞かれるまで子供がいると言わない

31歳で上の子が4歳、下の子が0歳の時にフルタイム事務に転職できました。

契約社員からのスタートでしたが今は正社員です。

以前の職場は契約限度があったので後がない状態でしたが、何とか転職でき現在も勤めています。

当時はハローワークにも通いましたが、そこでアドバイスされた成功のポイントがありますのでご参考までに。

まず、面接のときに聞かれるまで子供がいるということは言わない。また、履歴書にもあえて書かないということでした。

年齢や履歴書などから、面接する側も子供がいることはある程度想定していますので、「お子さんはいらっしゃいますか?」と聞かれると思います。

そのときは至って普通に「はい。おりますが、○○です。」と答えます。

この○○は、あなたの場合でしたら「両親の理解と協力があります」など、子供がいても問題ないとアピール。

また、今後出産予定がないのであれば「子供は〇人と決めているので産休育休を取ることなく長く続けます」と伝えるのも効果的でした。

面接の時点で最初から「子供が・・・、子供が・・・」と前面に出せば、どうしても採用は難しくなるようです。

ご両親が近居とのことですから、それだけでもかなりプラスポイントになると思いますよ。ご参考までに。

資格はないけど転職で成功したい

現在、正社員で新卒から同じ会社(事務職)で働いている子持ちのアラフォーです。

子供は上の子が中1、小3、小1の3人です。

お恥ずかしながら、十数年ほど営業事務の経験しかなく、特に人より秀でた資格も持っておりません。

今勤めている会社は休暇が取りやすく、福利厚生も充実しており事務にしてはボーナスも良いほうです。

ですが、人間関係や仕事内容に不満がありすぎて・・・。

そんな理由での転職なんて甘い考えかもしれませんが、子供達が大きくなり仕事がしゃすい環境になってきたのでもっと条件の良い会社に勤めたいと思うようになりました。

今の仕事ではもうこれ以上お給料が上がることもありませんし、これからはさらに子供にもお金がかかるようになります。

そこで、転職したいと考えているのですが、大人しく今の会社にい続けるべきか、転職にチャレンジするか、実際どちらのが良いの迷っています。

年齢制限もあると思いますが、どなたかご意見お願いします。

A:想像している以上にかなり厳しい

まず、転職して給料が上がる人なんて、実際にはごく限られた能力やスキルのある人だけということを知っておきましょう。

給料が上がるには、当人の能力やスキルが相当高く即戦力になると高評価されなければなりません。

あなたの場合ですと、給料が今以上に上がることはまず無いと思っておいたほうが良いかもしれません。

自分に高評価されるほどの圧倒的な能力やスキルがあるのか否か?まずはこの点を冷静かつ客観的に判断することが重要です。

また、業務経験の長さは評価ポイントにはなりません。

シビアな話ですが、同じくらいの能力やスキルのある人がいれば、会社は当然より若い人を採用するでしょう。どこの会社でも将来性のある若い人材が欲しいですから。

あなたに「転職はやめておけ」と言うつもりはありませんが、実際は今のあなたが想像している以上にかなり厳しいということは覚悟しておく必要があります。

一度退職してしまうと後戻りはできませんから、慎重に考えたうえで決断してください。